いっぱい撮ろう。いっぱい残そう。はいちーず。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
BOOKS〜その11〜
評価:
小林章
美術出版社
¥ 2,100
コメント:絵が上手な人もそうじゃない人も。デザインに興味がある人もない人も。すごく面白いなーって読める本。日頃何気なく見ている、文字に対する意識が変わる。フォントの力を感じられる。ぜひ読んでみてほしいです。

JUGEMテーマ:注目★BOOK

この本すっごく面白い!!芸工生絶対好き!!

たとえばね、ヴィトンとドルガバのロゴ。


2つともFuturaというフォントなんだけど、文字と文字の広さが違うだけでこんなに違う。
ヴィトンは大人の余裕を感じさせる上品な感じ。
ドルガバは現代的で若々しい感じ。

文字のフォントってすごくいっぱい種類があるから、何となくで選んじゃうけど、
(実際はそれで全然大丈夫だってこの本には書いてあるけど)
1つ1つのフォントの意味や性格を知れば、デザインにもっと奥行きが出る。
そんな気がするよ。

おすすめ♪


 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://saycheeeeese.jugem.jp/trackback/257
<< NEW | TOP | OLD>>